国内外ニュース

北朝鮮脅威「新たな段階」 治安情勢まとめ、警察庁

 警察庁は4日、国内外の治安情勢をまとめた2017年版「治安の回顧と展望」を発表した。ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮の動向について「わが国の安全に対する、より重大で差し迫った新たな段階の脅威」と警戒を強めている。

 北朝鮮による拉致容疑事件は、これまで13件の19人を被害者と認定し、工作員ら11人の逮捕状を取得。拉致の可能性が排除できず、捜査対象としている失踪者は10月末時点で883人に上る。

 国際情勢では、尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国を「『常態化』の既成事実を積み上げる狙い」と分析した。

(12月4日19時20分)

社会(12月4日)