国内外ニュース

神戸ルミナリエ会場で点灯試験 8日に開幕

 「神戸ルミナリエ」の試験点灯で浮かび上がった光のオブジェ=4日夜、神戸市  「神戸ルミナリエ」の試験点灯で浮かび上がった光のオブジェ=4日夜、神戸市
 阪神大震災の犠牲者の鎮魂を願い1995年に始まり、23回目となる「神戸ルミナリエ」の試験点灯が4日夜、会場となる神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地であった。今年は作品テーマが「未来への眼差し」で、8日から17日までの期間中に、昨年並みの約325万人の来場が見込まれている。

 神戸市などでつくる神戸ルミナリエ組織委員会によると、旧外国人居留地で展示される長さは昨年に比べ約80メートル延び約270メートルで、会場全体で使われる発光ダイオード(LED)電球も約10万個増え約40万個となった。

(12月4日22時11分)

暮らし・話題(12月4日)