国内外ニュース

IOC委員に東北3県の食材提供 12日の夕食会で、五輪組織委

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会を迎え、大会組織委員会が12日に東京都内のホテルで開く公式夕食会で、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の東北3県の食材が振る舞われることになった。東京電力福島第1原発事故の風評被害払拭につなげる狙いがあり、夕食会には東京都、政府関係者のほか3県の知事も出席する。

 鈴木俊一五輪相は5日の閣議後の記者会見で、復興五輪の理念に沿う取り組みだとし「IOCの方々にこういう機会に3県の食材を提供するのはいいこと。一回一回の積み重ねが大切」と述べた。

(12月5日12時11分)

スポーツ(12月5日)