国内外ニュース

衆院が北朝鮮抗議決議を採択 核・ミサイル放棄を要求

 北朝鮮による新型ICBM発射に抗議する決議を採択した衆院本会議=5日午後  北朝鮮による新型ICBM発射に抗議する決議を採択した衆院本会議=5日午後
 衆院は5日午後の本会議で、北朝鮮による新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を「断じて容認できない」として厳重に抗議し、北朝鮮に対してさらなる挑発行動を自制し、核・弾道ミサイル開発計画を直ちに放棄するよう求める決議を全会一致で採択した。

 安倍晋三首相は「毅然とした外交を展開し、北朝鮮への圧力を最大限に高める。拉致問題の早期解決に向けた決断を迫る」と述べた。

 決議は、日本政府に新たな国連安全保障理事会決議の採択を含めて「国連加盟国に北朝鮮に対する一層厳格で実効的な措置を取るよう求めるべきだ」と強調した。

(12月5日13時41分)

政治(12月5日)