国内外ニュース

元TBS記者の男性側、争う姿勢 伊藤さんが「暴行」訴え

 第1回口頭弁論を終え、報道陣の取材に応じる伊藤詩織さん=5日午後、東京地裁前  第1回口頭弁論を終え、報道陣の取材に応じる伊藤詩織さん=5日午後、東京地裁前
 ジャーナリストの伊藤詩織さん(28)が元TBS記者の男性から性暴力を受けたとして、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、東京地裁(鈴木尚久裁判長)で開かれた。男性側は出廷せず、答弁書で争う姿勢を示した。

 伊藤さん側は、2015年4月、就職先の紹介を受けるために東京都内で男性と飲食して記憶をなくし、ホテルで乱暴されたと訴えている。伊藤さんは閉廷後の取材に「明らかでなかった経緯が民事訴訟の場でオープンになることを願う」と話した。

 伊藤さんは準強姦容疑で警視庁に被害届を出したが、東京地検は16年7月に嫌疑不十分で不起訴とした。

(12月5日17時00分)

社会(12月5日)