国内外ニュース

販売実績ない服を「割引」表示 消費者庁、再発防止命令

 15都道府県で展開する衣料販売店で、販売実績がなかったTシャツの価格を「4割引き」などと表示したのは、景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、消費者庁は5日、衣料品販売「シーズメン」(東京都中央区)に対し、再発防止を求める措置命令を出した。

 消費者庁によると、同社は6~9月ごろ、15都道府県で運営する32店舗で行った夏のセールで、それまでに販売実績がないTシャツやパーカなど8商品の価格を2900円が4割引きなどと店頭に表示したほか、2900円の値札の上に1740円と書いたシールを貼るなどした。

(12月5日18時01分)

社会(12月5日)