国内外ニュース

17年産米作況「平年並み」 全国100、低調な県も

 農林水産省は5日、2017年産水稲の全国の作況指数(平年=100)が「平年並み」の100で確定したと発表した。10月15日時点の調査から横ばい。北海道や中国地方を中心に収穫が良く、7年連続で100以上を確保した。ただ、夏の日照不足などが響いて栃木は「不良」の93、岩手や新潟など5県が「やや不良」と低調だった。

 主食用米の収穫量は生産調整(減反)に伴う生産数量目標より4万4千トン少ない730万6千トンとなった。飼料用米などへの転作が進んだ上、日照不足に伴う収穫の遅れも重なり、10月平均のコメの相対取引価格は前年同月より1割近く高くなっている。

(12月5日19時00分)

経済(12月5日)