国内外ニュース

ブルゾン、好きな数字は… 「35億」ネタでブレイクも

 表彰式に登場した(左から)徳田浩至、ブルゾンちえみ、杉浦大毅=5日、東京都内  表彰式に登場した(左から)徳田浩至、ブルゾンちえみ、杉浦大毅=5日、東京都内
 お笑い芸人のブルゾンちえみが、今年頑張った女性著名人らを表彰する「ORICON クイーン・アワード2017」のブレイク芸人部門1位に選ばれ、東京都内で開かれたイベントに登場した。

 頑張る女性をたたえる日とされる「クイーン・デー」(12月12日)にちなんで開催。“上から目線”で恋愛指南するネタで飛躍したブルゾンだが、この日は「仕事場でも家庭でも頑張っている働きウーマンの皆さん、クイーン・デーには自分をほめてあげて」と女性たちに向け呼び掛けた。

 2人の男をあしらいながら、「地球上に男は何人いると思っているの? 35億」などと言い放つ芸が大人気。表彰式にはネタでユニットを組むお笑いコンビ「ブリリアン」の徳田浩至と杉浦大毅も駆けつけた。

 プレゼンターの女優菊川怜は「あれだけはっきり言ってもらえると、自分は自分でいいんだと勇気をもらえる」と絶賛。ブルゾンは「皆さんの生活に入り込めたのが、うれしい」と語った。

 式では「来年は、いただいたものを10倍、100倍、35億倍にして返せるよう頑張りたい」と、流行語にもなった「35億」を強調してスピーチ。ただ実は、「(ネタを作った当時の世界の人口が)71億人だったので、割る2をしただけ」と明かし、好きな数字を問われると「8です」と言って笑わせた。

(12月5日19時25分)

文化・芸能(12月5日)