国内外ニュース

日航、超音速旅客機導入へ提携 優先発注権を確保

 米ブームテクノロジーの超音速旅客機のイメージ  米ブームテクノロジーの超音速旅客機のイメージ
 日本航空は5日、超音速旅客機の開発を進めている米ブームテクノロジーと資本業務提携することで合意したと発表した。日航は1千万ドル(約11億円)を出資し、将来の20機の優先発注権を確保する。出資比率は約1%。日航によると、ブーム社は2023年に超音速機の運航開始を目標としているという。

 現在の航空機の速度が時速800~900キロなのに対し、開発する超音速機は時速換算で2335キロに当たるマッハ2・2。日航は超音速機の導入につなげ、時間を重視するビジネス客の需要を取り込みたい考えだ。日航として導入する時期や路線は未定。

(12月5日19時55分)

経済(12月5日)