国内外ニュース

NY株反落、109ドル安 買収報道ディズニー下げる

 ニューヨーク証券取引所(ゲッティ=共同)  ニューヨーク証券取引所(ゲッティ=共同)
 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比109・41ドル安の2万4180・64ドルで取引を終えた。米娯楽・メディア、21世紀フォックスの一部事業の巨額買収見通しが報じられた同業の米ウォルト・ディズニーが売られ、相場を押し下げた。

 JPモルガン・チェースなど金融株が軟調に推移したほか、半導体大手インテルも安かった。一方、米国で割安感のある新メニューを発表したファストフード大手マクドナルドは買われた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は13・16ポイント安の6762・21と3営業日続落した。

(12月6日6時56分)

経済(12月6日)