国内外ニュース

日馬暴行問題、証言は大筋で一致 同席者ら、鳥取県警捜査

 大相撲の元横綱日馬富士関が平幕貴ノ岩関に暴行した問題で、6日までの鳥取県警の捜査で、元横綱をはじめ、同席した横綱白鵬関ら関係者の証言は大筋で一致している。県警は傷害容疑での書類送検に向け、詰めの捜査を急ぐ。

 捜査関係者によると、元横綱らは10月25日夜、鳥取市内にあるラウンジの個室で会食。飲酒中でもあり、それぞれが移動することもあったとみられ、座っていた場所などの細部では証言に一部食い違いがあった。

 しかし、元横綱が貴ノ岩関を平手やカラオケのリモコンで殴打したことや、白鵬関が制止して部屋から連れ出したことなどの暴行時の状況は、ほぼ同じ説明をしている。

(12月6日9時21分)

社会(12月6日)