国内外ニュース

スポーツ界は歓迎、ロの平昌除外 IOCの決定に賛意相次ぐ

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)がロシア選手団を平昌冬季五輪から除外すると決めたことに、各国のスポーツ関係者からは歓迎の声が相次いだ。

 2002年ソルトレークシティー五輪のスキー女子距離複合で、ロシア選手2人のドーピング違反で当初の銅から金メダルにまで繰り上がったベッキー・スコットさん(カナダ)はツイッターで「潔白な選手と公正なスポーツにとって、強いメッセージであり、素晴らしい日だ」とつづった。

 英国のクラウチ・スポーツ相は「スポーツの尊厳を守り、公正に競争できる場所を選手に与えるため、重要な一歩だ」とツイッターに投稿した。

(12月6日11時31分)

国際大会(12月6日)