国内外ニュース

新潟県職員2人を書類送検 親子負傷のダム放流事故

 新潟県新発田市の加治川治水ダムで6月、観光放流が原因で下流の水位が上昇し、川遊びをしていた40代母親と小学生の男児が流され負傷した事故で、県警は6日までに、業務上過失傷害の疑いで、同県新発田地域振興局のいずれも50代の男性職員2人を書類送検した。4日付。

 書類送検容疑は、6月17日、観光客に見学してもらうための放流をする際、下流の水位変化に注意したり、関係機関や河川利用者にサイレンなどで周知したりするのを怠り、急激な水量の変化で流された母親を低体温症にし、男児に擦り傷のけがを負わせた疑い。

(12月6日12時05分)

社会(12月6日)