国内外ニュース

土地取引で5億円詐取の容疑 不動産仲介業の男ら逮捕、警視庁

 土地取引を巡り、不動産関連会社から約5億円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は6日までに、詐欺の疑いで東京都墨田区業平、自称不動産仲介業北田文明容疑者(57)ら男4人を逮捕した。

 捜査2課によると、他に逮捕したのは住所不定、会社役員熊谷秀人容疑者(38)ら。

 逮捕容疑は2015年5月下旬、東京都町田市の不動産関連会社に、東京都世田谷区中町の土地購入を仲介するとうそを言い、4億9500万円をだまし取った疑い。

 北田容疑者らは、土地の所有者と実際にやりとりがあったが、土地購入の見込みがないのに、自身の会社に売買代金を支払えば、所有権が取得できるとしていた。

(12月6日13時20分)

社会(12月6日)