国内外ニュース

尖閣での衝突回避、日中大筋合意 外務省「前向きな進展」

 【上海共同】日本外務省は6日、中国との間で海洋問題を議論する「高級事務レベル海洋協議」で、沖縄県・尖閣諸島などを巡る東シナ海での偶発的衝突回避に向け、防衛当局間で設置する「海空連絡メカニズム」に関し「構築および運用開始に前向きな進展を得た」と発表した。日中関係筋によると、協議は大筋合意に至っており、日本政府関係者は「障害はなくなりつつある」と正式合意に意欲を示した。

 海洋協議ではこのほか、東シナ海のガス田共同開発に関する「2008年合意」に関しても、意思疎通を強化することで一致した。日本側は共同開発に必要な条約締結交渉の再開などを求めたとみられる。

(12月6日17時05分)

国際(12月6日)