国内外ニュース

平昌五輪のIH女子代表を発表 大沢、久保ら23人

 記者会見で記念写真に納まる、平昌冬季五輪のアイスホッケー女子日本代表選手ら。後列左端は山中武司監督=6日午後、東京都港区  記者会見で記念写真に納まる、平昌冬季五輪のアイスホッケー女子日本代表選手ら。後列左端は山中武司監督=6日午後、東京都港区
 日本アイスホッケー連盟は6日、東京都内で記者会見を開き、来年の平昌冬季五輪に出場する女子の日本代表として、FWの大沢ちほ(道路建設ペリグリン)や久保英恵(西武)、GK藤本那菜(ボルテックス札幌)ら23人を発表した。

 2月の五輪最終予選に出場した選手が中心で、15人が前回ソチ五輪から2大会連続の代表入り。最年長は36歳のFW小野粧子(御影グレッズ)、最年少は18歳のDF志賀葵(帯広レディース)で、ともに初出場となる。

(12月6日17時30分)

国際大会(12月6日)