国内外ニュース

自民と公明、都議会で小池氏批判 「国政進出、大いに疑問」

 東京都議会の本会議で代表質問に答える小池百合子知事=6日午後  東京都議会の本会議で代表質問に答える小池百合子知事=6日午後
 東京都議会で6日、定例会本会議が開かれ、代表質問で自民、公明両党からは小池百合子知事の国政進出や豊洲市場への移転準備の遅れなどに批判や注文が相次いだ。自民の鈴木章浩政調会長は「(希望の党代表を辞任して)唐突に国政から身を引き、都政に専念するとの方針は、小池氏を信じて投票した有権者を裏切る行為。何のための国政進出だったのか大いに疑問が残る」と迫った。

 希望の代表辞任後、小池氏が都議会で質問を受けるのは初めて。「都議会や都民の皆さまにご心配をお掛けした。改めて都民ファーストの姿勢で国政に地方の声をしっかりと届けながら都政にまい進をしていく」と応じた。

(12月6日18時20分)

政治(12月6日)