国内外ニュース

神戸ルミナリエで障害者デー 光の祭典をゆったりと

 阪神大震災の鎮魂や記憶の継承を願う光の祭典「神戸ルミナリエ」が開幕するのを前に、障害者を招いて点灯する「ハートフルデー」が6日夜、神戸市中央区の公園「東遊園地」で開かれた。障害がある人や介助者に、人混みの少ないゆったりした環境で鑑賞してもらうハートフルデーは1999年に始まり、今回で19回目。

 午後6時半ごろ、「未来への眼差し」がテーマのイルミネーションが点灯。会場では拍手が起こり、来場者は記念撮影していた。

 今年の神戸ルミナリエは8~17日の日程で開催される。

(12月6日20時41分)

社会(12月6日)