国内外ニュース

IOC決定、ロ選手は取材応じず フィギュア公式練習参加

 国際オリンピック委員会(IOC)が平昌冬季五輪にロシア選手団の派遣を禁じた決定を受け、7日開幕のフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場するロシア男子のミハイル・コリャダ選手とセルゲイ・ボロノフ選手は6日、名古屋市ガイシプラザで行われた公式練習に参加したが、報道陣の取材に応じなかった。

 世界選手権女王のエフゲニア・メドベージェワ選手と親交の深い樋口新葉選手は「五輪で(一緒に)戦いたいと強く思っているが、そのことは考えすぎないようにしたい」と強調した。

 男子のネーサン・チェン選手(米国)は「IOCの判断を支持する」と理解を示した。

(12月6日21時55分)

スポーツ(12月6日)