国内外ニュース

東京円、112円台前半

 7日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前日比35銭円安ドル高の1ドル=112円45~46銭。ユーロは10銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円65~66銭。

 米雇用統計の発表を控え、中東情勢に対する懸念の強まりを背景に買われていた円を売ってドルを買い戻す動きが優勢となった。日経平均株価が上昇したことも円売りドル買いの材料となった。

 市場では「株高を受け投資家の過度なリスク回避姿勢はやや後退気味だが、中東情勢への懸念は根強く様子見ムードも広がっている」(外為ブローカー)との声があった。

(12月7日10時30分)

経済(12月7日)