国内外ニュース

巡査長が飲酒運転隠蔽疑い、大阪 身代わり立て口止めも

 大阪府警は7日、飲酒運転の隠蔽を図って身代わりを立て、後輩に口止めしたとして、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)と犯人隠避教唆の疑いで寝屋川署の巡査長大江翼容疑者(27)=寝屋川市=を逮捕した。

 また犯人隠避の疑いで、身代わりになった兵庫県宝塚市の土木会社社長小久保弘一容疑者(56)を再逮捕。小久保容疑者は10月の衆院選で選挙運動の報酬として運動員に現金を支払ったとの公選法違反容疑で府警捜査2課に逮捕されていた。

 大江容疑者は10月12日午前3時35分ごろ、京阪寝屋川市駅前で、酒気帯びで乗用車を運転して植え込みに衝突して壊す事故を起こすなどした疑い。

(12月7日13時11分)

社会(12月7日)