国内外ニュース

バレー日本の初戦はアルゼンチン 女子世界選手権

 来秋に日本で開催されるバレーボール女子世界選手権の組み合わせ抽選会が7日、東京都内で行われ、世界ランキング6位の日本は9月29日の1次リーグA組初戦で同11位のアルゼンチンと戦うことになった。その後、オランダ、メキシコ、カメルーン、ドイツの順に顔を合わせる。A組は横浜アリーナが会場となる。

 日本開催は、銅メダルを獲得した2010年以来。中田久美監督は「わくわくとプレッシャーと複雑な思い。1次リーグは全勝で進みたい。戦闘モードに入る」と気持ちを高めた。同監督は20年東京五輪を見据え「大事な大会」と位置づける一方で、代表選考に幅を持たせる可能性も示した。

(12月7日18時36分)

国際大会(12月7日)