国内外ニュース

東京円、112円台後半

 週明け18日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比59銭円安ドル高の1ドル=112円74~75銭。ユーロは22銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円46~47銭。

 トランプ米政権が掲げる税制改革法案の年内成立への期待が高まり、低リスク通貨とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「年末で取引の手掛かりが乏しく、円売りの動きが一段と強まる雰囲気でもない」(外為ディーラー)との声が出ていた。

(12月18日10時15分)

経済(12月18日)