国内外ニュース

米軍、窓落下の同型ヘリ飛行再開 事故から6日、沖縄の反発必至

 飛行を再開した米軍普天間飛行場のCH53E大型輸送ヘリコプター=19日午後0時24分、沖縄県宜野湾市  飛行を再開した米軍普天間飛行場のCH53E大型輸送ヘリコプター=19日午後0時24分、沖縄県宜野湾市
 米軍は19日午後、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場で、隣接する市立普天間第二小に操縦席窓を落下させた機体と同型のCH53E大型輸送ヘリコプターの飛行を再開した。重大事故発生から6日後の再開に、沖縄の反発が強まるのは必至だ。

 午後0時24分ごろ、普天間飛行場からCH53E1機がローターの音を響かせ、機体を前のめりにしながらゆっくりと浮上。北東の方角に飛び去った。同型機は午後1時すぎに2、3機目が次々と飛び立った。

 沖縄県は事故後、沖縄の全米軍機の緊急点検と飛行中止を求めていたが、受け入れられなかった。

 事故は13日午前に発生。窓が枠ごと運動場に落ちた。

(12月19日13時51分)

社会(12月19日)