国内外ニュース

東京五輪、1兆3500億で調整 最新予算、従来より350億円減

 2020年東京五輪・パラリンピックの最新の予算計画について、大会組織委員会などが従来よりも350億円少ない1兆3500億円(予備費除く)とする案で調整していることが20日、関係者の話で分かった。予算計画は第2版として22日に公表される予定だが、最終的な協議が続いており、数字が変動する可能性も残されている。

 大会の開催経費を巡っては5月に組織委と東京都、政府、競技会場のある都外自治体が役割分担で大枠合意し、組織委や都は警備、輸送など開催準備の各分野で必要な費用の見直しを進めてきた。今回の予算計画案では、組織委と東京都は6千億円ずつ、国は1500億円。

(12月20日14時01分)

国際大会(12月20日)