国内外ニュース

風俗店7割で消防法違反、大宮 火災受け特別査察

 さいたま市消防局は20日、男女4人が死亡した同市大宮区の風俗店火災を受けて、市内のソープランド19店舗を19日に特別査察した結果、約7割に当たる14店で消防法違反が見つかり、是正指導したと明らかにした。

 消防局によると、5店で防火扉が老朽化して閉まらないなどの問題があったほか、3店はカーテンなどに防炎製品を使っていなかった。

 階段付近に段ボールやバスタオルを置いていた店もあり、その場で撤去させた。自動火災報知機は設置義務のある18店全てで設置されていた。

 火災店舗と同様に間仕切りなどの変更を管轄の消防署に届け出ていないケースが7店であった。

(12月20日18時30分)

社会(12月20日)