国内外ニュース

日航、3億円超の詐欺被害 航空機リース料

 日航は20日、8月から9月にかけ、航空機リース料などとして、総額約3億8400万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。既に警視庁などに被害届を提出している。

 日航によると、同社に航空機をリースする米国の金融会社を装った何者かから9月下旬、振込先が本来の米国の銀行口座から香港の口座に変更になったとメールで連絡があった。航空機1機3カ月分のリース料として約3億6千万円を求められ、十分確認しないまま香港の口座に入金した。

 また8月上旬には、米国の業者を装ったメールが届き、委託料約2400万円を指定された香港の銀行口座に支払った。

(12月20日19時41分)

社会(12月20日)