国内外ニュース

拉致特別委で横田さんら家族訴え 「救出に知恵を絞って」

 衆院の拉致問題特別委の閉会中審査で意見陳述する横田早紀江さん。後方は(右から)飯塚繁雄さん、斉藤文代さん=21日午前  衆院の拉致問題特別委の閉会中審査で意見陳述する横田早紀江さん。後方は(右から)飯塚繁雄さん、斉藤文代さん=21日午前
 衆院の拉致問題特別委員会は21日、閉会中審査を開き、北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(81)らを参考人招致した。早紀江さんは意見陳述で「めぐみをはじめ、もっと多くの人が助けを求めている。知恵を絞ってほしい」と議員に訴えた。

 めぐみさんの拉致事件から11月で40年を迎えた。早紀江さんは「新潟で煙のように消えてから何も動いていない」と嘆いた。田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(79)は、11月にトランプ米大統領と面会したことに触れ「帰国という結果に結び付くよう安倍晋三首相にお願いしたい」と述べた。

(12月21日11時20分)

社会(12月21日)