国内外ニュース

著作権料巡り文化庁に裁定申請 JASRAC徴収先送りへ

 文化庁に裁定を申請する「音楽教育を守る会」の三木渡会長(左)=21日午前、文化庁  文化庁に裁定を申請する「音楽教育を守る会」の三木渡会長(左)=21日午前、文化庁
 日本音楽著作権協会(JASRAC)が全国の音楽教室に著作権使用料の支払いを求めている問題で、教室側の団体「音楽教育を守る会」は21日、徴収を保留するよう求めて文化庁に裁定を申請した。来年1月から始まる予定だった徴収は先送りされる。

 文化庁によると、著作権等管理事業法の規定により、裁定が出るまでJASRACは著作権料を徴収できない。

 音楽教育を守る会会長の三木渡・ヤマハ音楽振興会顧問は申請後に「目先の徴収が音楽文化の根を絶やすことにならないよう、JASRACは大所高所から物事を見てほしい」と話した。

(12月21日11時20分)

文化・芸能(12月21日)