国内外ニュース

幻の横溝正史作品見つかる 戦中の新聞連載「雪割草」

 横溝正史  横溝正史
 「犬神家の一族」「八つ墓村」など名探偵金田一耕助シリーズで知られる作家横溝正史(1902~81年)の長編小説で、題名しか分からなかった「雪割草」が戦時下の地方紙に掲載されているのが見つかったと、二松学舎大(東京)の山口直孝教授らが21日、発表した。二松学舎大などが草稿の一部を所蔵していたが、全体像や掲載先は分からず「幻の作品」とされてきた。

 「雪割草」は41年6~12月、新潟日日新聞(現・新潟日報)と、前身の新潟毎日新聞に全200回の連載が掲載された。草稿に残されたタイトルや分量から雪国の地方紙に連載されたと推測、国立国会図書館で地方紙を調査したという。

(12月21日20時00分)

文化・芸能(12月21日)