国内外ニュース

民進、離党ドミノ加速も 風間、有田氏が立民入りへ

 民進党の風間直樹参院議員は21日、党本部で大塚耕平代表に離党届を出し、その後、立憲民主党の枝野幸男代表に会って入党を申請した。既に民進に離党届を出した有田芳生参院議員も同日、立民に入党届を提出。立民は2人の入党を認める方針だ。民進は党再生策を巡り、執行部に批判的な蓮舫元代表ら複数が立民入りを検討しており、「離党ドミノ」が加速する可能性が出てきた。

 風間氏は枝野氏との会談後、立民を選んだ理由について「憲法改正の論議が活発になる中、立民は憲法観が近い」と記者団に説明。有田氏は「残された任期の中で、憲法や安全保障、原発、拉致の問題に全力を尽くす」と語った。

(12月21日19時01分)

政治(12月21日)