国内外ニュース

陸上部の顧問、事故時不在 群馬の高校ハンマー衝突死

 群馬県立藤岡中央高校で、サッカー部の2年男子生徒の頭に陸上競技用のハンマーが当たり死亡した事故で、陸上競技部の顧問は当時帰宅中で現場にいなかったことが21日、同校への取材で分かった。

 部活動を終えるよう生徒に指示して学校を離れたという。記者会見した市川敏美校長は「最後までいるのが通常」としており、県警は安全管理の態勢が適切だったかどうか慎重に調べる。

 事故は20日午後6時25分ごろ、3年の男子生徒(17)がグラウンドで投げた鉄製ハンマー(重さ約4キロ、直径約10センチ)が、約48メートル先の大広一葉さん(17)に当たった。

(12月21日21時15分)

社会(12月21日)