国内外ニュース

千体の観音像が修復完了、京都 三十三間堂、45年9億円超かけ

 修復が終わり、三十三間堂に搬入される観音像=22日午前、京都市  修復が終わり、三十三間堂に搬入される観音像=22日午前、京都市
 京都市東山区の三十三間堂の国指定重要文化財「千体千手観音立像」の修復が終わり、1001体のうち最後の9体が22日、搬入された。修復は1973年度に始まり、約45年かけて完了した。

 三十三間堂などによると、毎年15~40体を修復。虫やカビの繁殖を抑えるため、長年積もったほこりを取り除き、金箔が剥がれるのを防ぐ処置などを行った。文化庁の補助金を含め総事業費は約9億2300万円。

 観音像は三十三間堂の10段のひな壇に並べられている。平安時代に124体、鎌倉時代に876体、室町時代に1体が作られ、中には運慶作と伝わる仏像もある。

(12月22日10時46分)

文化・芸能(12月22日)