国内外ニュース

佐世保でPAC3訓練 空自、迎撃能力高める狙い

 報道陣に公開された、空自によるPAC3の発射機の展開訓練=22日午前、長崎県佐世保市の海自佐世保基地  報道陣に公開された、空自によるPAC3の発射機の展開訓練=22日午前、長崎県佐世保市の海自佐世保基地
 航空自衛隊は22日、長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保基地で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を展開する訓練を報道陣に公開した。北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射していることを踏まえ、訓練で迎撃態勢を素早く整える能力を高める狙いがある。

 午前7時10分ごろ、福岡県芦屋町の空自芦屋基地所属のPAC3を運用する高射部隊約30人が、計11の車両で佐世保基地に到着。その後約30分間で決められた位置に車両を配置し、指令を出す車両から遠隔操作で発射機を上方に向けるなどした。

(12月22日11時10分)

社会(12月22日)