国内外ニュース

モーグルW杯、堀島が7位 日本勢で最高、第3戦

 男子モーグル決勝1回目 コブを攻める堀島行真=張家口(共同)  男子モーグル決勝1回目 コブを攻める堀島行真=張家口(共同)
 【張家口(中国)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は22日、中国の張家口・太舞でモーグル第3戦が行われ、日本勢は男子の決勝1回目で敗れた堀島行真の7位が最高だった。ミカエル・キングズベリー(カナダ)が開幕3連勝で、通算勝利数を45とした。

 原大智が9位、西伸幸は15位だった。遠藤尚、藤木豪心、四方元幾は予選で敗退した。

 女子は決勝1回目に進んだ伊藤みきが12位、伊藤さつきは13位。冨高日向子と村田愛里咲は予選落ちした。ユリア・ガリシェワ(カザフスタン)が3季ぶりに通算3勝目を挙げた。

(12月22日17時55分)

スポーツ(12月22日)