国内外ニュース

予算膨張、高齢化が圧迫 97兆円、防衛伸び突出

 閣議に臨む(左から)石井国交相、茂木経済再生相、安倍首相、麻生財務相、野田総務相=22日午前、首相官邸  閣議に臨む(左から)石井国交相、茂木経済再生相、安倍首相、麻生財務相、野田総務相=22日午前、首相官邸
 政府は22日、総額を過去最大の97兆7128億円とする2018年度予算案を閣議決定した。高齢化で膨らむ社会保障費が他の経費を圧迫し、防衛費だけが1・3%増と突出する。安倍政権が手掛けた6度の予算編成で総額は累計7兆3800億円増えた。高い経済成長と低金利を当てにした苦しい財政運営が続く。

 18年度は社会保障が32兆9732億円、防衛が5兆1911億円と過去最大を更新。教育・科学振興と公共事業も微増を確保したが、他は軒並みマイナスとなった。農林水産はコメの生産調整(減反)廃止、中小企業対策は信用保証の縮小が影響して減額となった。

(12月22日18時11分)

経済(12月22日)