国内外ニュース

ママ議員、全国連携へ ネットワーク設立で初会合

 緒方夕佳熊本市議(左から2人目)らが参加して開かれた、出産した女性地方議員のネットワーク設立に向けた初会合=22日午後、東京都豊島区議会  緒方夕佳熊本市議(左から2人目)らが参加して開かれた、出産した女性地方議員のネットワーク設立に向けた初会合=22日午後、東京都豊島区議会
 任期中に出産を経験した全国の女性地方議員らが連携し、議員活動と出産・育児が両立できる環境整備を目指すネットワーク設立に向けて22日、東京都の豊島区議会で初会合を開いた。

 議員は産休を定めた労働基準法の適用外。全ての都道府県、政令市議会に出産に伴う欠席規定があるものの、整備が十分でない市区町村議会もある。今後、相談窓口の設置や各政党への働き掛けを予定している。

 この日は約20人が出席。現職中に2児を産み、今回連携を呼び掛けた永野裕子豊島区議は「子どもを産んだ時、豊島区議では初めてで、さまざまな困難があった。課題を洗い出し、提言したい」とあいさつした。

(12月22日20時15分)

政治(12月22日)