国内外ニュース

年金支給額、18年度は据え置き 介護保険料増で高齢者苦しく

 最近の年金額改定  最近の年金額改定
 2018年度に支給される年金額は現在の水準で据え置かれる見通しであることが22日、分かった。18年度予算案編成に合わせ、厚生労働省が明らかにした。年金から天引きされる介護保険料は、18年4月から介護サービス事業所への報酬が0・54%引き上げられる影響で上昇が予想される。年金だけで暮らす高齢者の家計は少し苦しくなりそうだ。

 据え置きだと18年4月分(受け取りは6月)の年金額は、自営業者らが対象の国民年金で40年間保険料を納め続けた満額の人の場合、月6万4941円。会社員らが加入する厚生年金は、標準的な夫婦世帯で月22万1277円が支給される。

(12月23日2時06分)

経済(12月23日)