国内外ニュース

米170兆円減税法が成立 18年から法人税21%に

 税制改革法案に署名するトランプ米大統領=22日、ホワイトハウス(ロイター=共同)  税制改革法案に署名するトランプ米大統領=22日、ホワイトハウス(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスで税制改革法案に署名した。同法は成立し、2018年から10年間で総額1兆5千億ドル(約170兆円)程度の大型減税を実施することが確定した。法人税率を現在の35%から21%に一気に引き下げることが柱で、トランプ氏は署名の際「海外への企業流出を阻止する」と述べた。

 税制抜本改革は1986年以来、約30年ぶり。トランプ政権は経済政策の看板である大型減税の公約を果たした。トランプ氏は次の課題として、老朽化が進む道路などのインフラに10年間で官民合わせて1兆ドルを投じるとした公約の実現を挙げた。

(12月23日5時45分)

経済(12月23日)