国内外ニュース

南北線で架線トラブル、東京 一時運転見合わせ

 23日午前6時ごろ、東京都港区の東京メトロ南北線で、麻布十番―六本木一丁目間を走行していた日吉発浦和美園行き電車の運転士が異常な音に気付いた。六本木一丁目駅で車両を点検した結果、パンタグラフが故障しているのを発見。その後、この区間の架線設備に不具合があることが分かり、南北線は一時、全線で運転を見合わせた。

 メトロによると、この区間では23日未明に架線設備の工事をしていた。他の電車のパンタグラフにも同様の故障があることが判明。施工の不具合が原因の可能性もあるといい、同社は架線の復旧作業をした。

(12月23日9時56分)

社会(12月23日)