国内外ニュース

香港ミステリー小説、異例の人気 日本ランキングで2冠

 著書を手にする陳浩基氏=1日、香港(共同)  著書を手にする陳浩基氏=1日、香港(共同)
 【香港共同】香港のミステリー作家、陳浩基氏(42)の警察小説「13・67」(文芸春秋)が日本で異例の人気を博している。英国から中国への返還を挟む香港の激動の約半世紀を舞台にした作品は、日本の出版社による今年のミステリーランキング海外部門で2冠を達成。文芸春秋によると、欧米が主流の翻訳ミステリーでアジアの作品はランクイン自体が初めて。

 主人公は、卓越した推理力から「天眼」との異名を持つ香港警察の名刑事クワンと、まな弟子のロー。「雨傘運動」直前の2013年から、反英暴動が起きた1967年まで時代をさかのぼる形で、クワンらが関わった六つの事件を短編で描く。

(12月23日15時30分)

国際(12月23日)