国内外ニュース

保護司への感謝状文面を見直しへ 法務省、遺族の指摘受け

 「犯罪者」「地域社会の浄化」といった表現が盛り込まれている保護司への感謝状の文面  「犯罪者」「地域社会の浄化」といった表現が盛り込まれている保護司への感謝状の文面
 法務省は23日までに、「犯罪者」「地域社会の浄化」といった表現が盛り込まれている保護司への感謝状の文面を見直すことを決めた。亡き夫に届いた感謝状に違和感を覚えた妻が、新聞に投稿したのがきっかけ。来年送付されるものから改めるといい、妻は「変更に結びついたのであればうれしい」と話している。

 現在は「犯罪者の改善更生と地域社会の浄化に尽くされました」となっている文面のうち、「犯罪者」を「罪を犯した人たち」に、「地域社会の浄化」を「犯罪や非行のない明るい地域社会の実現」に変える。

(12月23日16時00分)

社会(12月23日)