国内外ニュース

スキー複合加藤がV、渡部剛2位 全日本コンバインド

 全日本コンバインドの男子で優勝した加藤大平=名寄市  全日本コンバインドの男子で優勝した加藤大平=名寄市
 ノルディックスキー複合の全日本コンバインド大会は23日、北海道名寄市のピヤシリシャンツェなどで行われ、男子はワールドカップ(W杯)遠征から19日に帰国した加藤大平(サッポロノルディックク)が優勝した。前半飛躍(ヒルサイズ=HS100メートル)で2位につけ、トップと26秒差で出た後半距離(10キロ)で逆転した。

 2位には同じくW杯遠征組の渡部剛弘(ガリウム)が入った。渡部暁斗、善斗兄弟(ともに北野建設)は出場していない。女子は宮崎彩音(長野・野沢温泉中)が前半飛躍で首位に立ち、後半距離(5キロ)で逃げ切った。

(12月23日16時16分)

スポーツ(12月23日)