国内外ニュース

天皇杯決勝はC大阪―横浜M サッカー、来年元日に

 横浜M―柏 延長後半、決勝ゴールを決める横浜M・ビエイラ(右)=等々力  横浜M―柏 延長後半、決勝ゴールを決める横浜M・ビエイラ(右)=等々力
 サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第8日は23日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで準決勝2試合が行われ、YBCルヴァン・カップ覇者のC大阪と4大会ぶりの日本一を狙う横浜Mが来年元日に埼玉スタジアムで行われる決勝に駒を進めた。

 C大阪は延長の末に神戸を3―1で退け、14大会ぶりに決勝進出。1―1の延長前半8分に柿谷が勝ち越し点を奪い、同後半9分にソウザが加点した。

 横浜Mも柏と延長まで戦い、2―1で競り勝った。0―1の後半に伊藤が決めて延長に持ち込み、終盤にビエイラが決勝点を奪った。

(12月23日18時21分)

サッカー(12月23日)