国内外ニュース

高校駅伝、総合力で連覇狙う倉敷 24日号砲

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝(24日・西京極陸上競技場発着)の開会式が23日、京都市のハンナリーズアリーナで行われた。男子で40年連続出場となる前回王者の倉敷(岡山)の勝又雅弘監督は「粘り強く、うちは総合力でいく」とレース展開を思い描いた。

 1区に北野太翔を起用する。左足に不安を抱えるというが、勝又監督は「序盤が鍵」とエースに最長区を託す構えだ。女子の前回優勝校、大阪薫英女学院は高松智美ムセンビを昨年快走した2区に据えた。安田功監督は「自然体でやるだけ。普段通りやれば、それなりの結果は出ると思う」と冷静に話した。

(12月23日19時00分)

スポーツ(12月23日)