国内外ニュース

河野外相、スー・チー氏と会談へ 1月中旬にミャンマー訪問

 河野太郎外相、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(ゲッティ=共同)  河野太郎外相、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(ゲッティ=共同)
 河野太郎外相が1月中旬にミャンマーを訪れることが分かった。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と首都ネピドーで会談する。60万人以上が難民になっているイスラム教徒の少数民族ロヒンギャの迫害問題に言及し、懸念を伝える。複数の政府関係者が23日明らかにした。ロヒンギャの難民キャンプも視察する。河野氏がミャンマーを訪れるのは外相就任後初めて。

 ミャンマー市場の成長に期待を寄せる日本政府は、ロヒンギャ問題でミャンマー政府との関係をこじらせたくないとの思いがある。河野氏としては、国際社会との「橋渡し役」を務め、スー・チー氏との信頼関係を醸成できるかが課題になる。

(12月24日2時05分)

政治(12月24日)