国内外ニュース

著名指揮者、セクハラ否定 デュトワ氏、法的措置も

 シャルル・デュトワ氏  シャルル・デュトワ氏
 【ロサンゼルス共同】クラシック音楽の世界的に著名な指揮者、シャルル・デュトワ氏(81)は23日、自らが過去に複数の女性らにセクハラ行為を繰り返していたとの疑惑について「身に覚えがない。根拠も全くない」と否定する声明を出した。AP通信などが報じた。

 デュトワ氏が疑惑で反応を示したのは初めて。法的措置について専門家からアドバイスを受けており、今後対応する考えも示した。

 セクハラ問題はAPが21日、オペラ歌手ら女性4人の証言を基に報道。ボストン交響楽団が客演指揮者の契約を打ち切ると発表するなどオーケストラが相次いで同氏の出演を見合わせると公表した。

(12月24日10時10分)

国際(12月24日)