国内外ニュース

北日本と北陸、猛吹雪の恐れ 気象庁が警戒呼び掛ける

 気象庁=東京都千代田区大手町  気象庁=東京都千代田区大手町
 低気圧や寒気の影響で25日から28日ごろにかけて冬型の気圧配置となり、北日本や北陸を中心に雪を伴った強風や猛吹雪となる恐れがあるとして、気象庁は24日、暴風雪や高波に警戒を呼び掛けた。大雪や雪崩にも注意を求めている。

 気象庁によると、日本海と三陸沖を進む二つの低気圧が、25日夜にオホーツク海で一つになって発達。26日以降は北日本の上空約5千メートルに氷点下36度以下の寒気も流れ込み、28日ごろにかけて強い冬型の気圧配置が続くとみられる。

 北日本と北陸を中心に25日は雪や雨を伴った非常に強い風となり、26日からは北日本を中心に猛吹雪となるところがある。

(12月24日18時51分)

社会(12月24日)