国内外ニュース

自公幹事長が中国訪問 首脳相互往来へ環境整備

 【アモイ共同】自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は24日、中国共産党との定期対話の枠組み「日中与党交流協議会」に参加するため、中国福建省アモイを訪問した。来年の日中平和友好条約締結40周年をにらみ、安倍晋三首相と習近平国家主席との相互往来が実現するよう環境整備を図る。

 二階氏は出発前の成田空港で記者団に「大事な国だし、大事な時期だ。しっかり目的を果たしたい」と語った。

 同交流協議会は8月に日本で実施して以来。今回で7回目となる。25日にアモイ、26日に同省福州で経済や政治分野などをテーマに開催する。

(12月24日16時51分)

政治(12月24日)