国内外ニュース

NBA、ロケッツなど首位堅持 第10週

 ナゲッツ戦でシュートするウォリアーズのデュラント(右)=オークランド(AP=共同)  ナゲッツ戦でシュートするウォリアーズのデュラント(右)=オークランド(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは23日、第10週を終え、西カンファレンスの太平洋地区は昨季王者のウォリアーズが26勝7敗で首位を快走。南西地区は25勝6敗のロケッツ、北西地区は20勝13敗のティンバーウルブズがトップを維持した。

 東カンファレンス中地区はキャバリアーズが24勝9敗で、大西洋地区はセルティックスが27勝9敗で共に首位を守った。南東地区は18勝15敗のウィザーズと17勝16敗のヒートの競り合い。

(12月24日17時20分)

スポーツ(12月24日)